Skip to content

スノーボードを日帰りで楽しむには

スノーボードに行きたいけれどリフト代や交通費、宿泊費などお金がかかるものです。

できるだけ安く行きたい方には、日帰りでスキー場に行くこともプランに入れるといいかもしれません。日帰りであれば宿泊費がかかりませんし、食事代も何食分かうかせることができます。

日帰りでスノーボードに行くにはどの交通手段を使うかが重要になります。まずは新幹線を考えてみましょう。雪国を走る新幹線と言えば、上越新幹線・北陸新幹線(長野新幹線)・東北新幹線でしょう。

上越新幹線の越後湯沢駅の周りには、苗場・かぐら・岩原・神立高原など多くのスキー場があり、それぞれのスキー場行きのバスが運行されています。また越後湯沢駅の隣にあるGALA湯沢駅はゲレンデと直結している駅であるため、乗り換えの手間なくすぐに滑ることができます。

新幹線はたしかに短時間で行けますが運賃が結構高いことが難点です。さらに安く行きたい場合は、高速バスを利用することです。スノーボードのツアーバスを各旅行会社が企画しており、バスの往復運賃とリフト券がセットになっているものです。

さらに食事代やレンタル料金の割引なども付いているお得なプランです。都心からの行き先は新潟・群馬・長野がメインになります。都心のバスターミナルを朝7時頃に出発し、ゲレンデには10時~11時頃到着します。

帰りの便が夕方の16時~17時頃になるので、それまでの間は自由に滑ることができます。往復のバス代だけで滑れるような料金設定なので非常にお得です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *