Skip to content

尾瀬の山小屋の物質は人力輸送です

尾瀬に出掛けた時には山小屋に宿泊がお勧めです。

山小屋の中には個室を完備している所もあるので、女性同士のツアーなどの時には個室を予約しておくと安心です。但し、小屋の中は男性用と女性用の部屋を分けている所もあるので、個室だけではなく普通の部屋を利用するのもお勧めです。また、山小屋では必要なものを購入する事が出来る売店も用意してあります。値段は下界と比べるとかなり高めなので、可能な限りリュックに入れて持って来る方が良いでしょう。大半のものを買う事が出来るのですが、一般的な山小屋の場合は、ヘリコプターを使って物資を輸送します。

しかし、尾瀬の場合はヘリコプター輸送ではなく、ポッカと呼ぶ人が荷物を近隣の街で購入、それを背負子と呼ぶフレームに積み重ねて運びます。食糧や飲み物などをダンボールに梱包、背負子は身長ほどの高さになるものもあり、重量も優に100キロを超えるとも言われています。体力がある大学生などのアルバイトさんがポッカをつとめ、小屋に物資を届けているのです。そのため、値段はかなり割高になるのは当然の事と言えましょう。尾瀬は自然を守る目的で様々なルールが設けてあります。例えば、木道の上を必ず歩く事やロープで囲ってある場所は中に入らないなどが基本です。

また、山小屋の中での生活もマナーを守る事が大切です。トイレの排泄物は焼却で行われると言われていますが、排泄物の量を減らす目的で、ティッシュペーパーは専用の箱に入れるなどのルールもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *