Skip to content

尾瀬の山小屋に泊まって星空を眺めましょう

尾瀬は湿原を散策するハイキングを初め、燧ケ岳や至仏山などへの本格的な登山、初心者から上級者まで楽しむ事が出来るフィールドです。

鳩待峠からの入山で湿原だけを散策するのであれば日帰りも可能ですが、折角尾瀬に訪れたのですから山小屋で1泊したいと考える人も多いのではないでしょうか。山小屋は登山客のための宿泊施設の総称です。長い工程を歩く時には、1日の工程の中で必ず宿泊が必要になります。キャンプをする方法もありますが、装備が多くなるので、山小屋を利用する人も少なくありません。宿泊プランは1泊2食付と素泊まりが用意してあるので、自炊をしたい人は素泊まり、コンロやコッヘル、食糧などの荷物の量を減らしたい人は1泊2食付のプランを利用すると良いでしょう。ちなみに、尾瀬は食糧などの配送を人力で行っています。

尾瀬に出掛けると、大きな荷物を背負って歩いている人を見かける事がありますが、これはポッカと呼ぶ人で、山小屋でアルバイトをしている学生さんなどがこの大役をつとめています。中には大きなプロパンガスを背負子に括り付けて、顔色一つ変えずに歩いている人もいます。こうした人々がいるからこそ、尾瀬の山小屋ではおいしい料理を食べる事が出来る、お酒やジュースを購入する事が出来ます。また、宿泊した時には満天の夜空を楽しめる魅力があります。空気が澄んでいるので都会では見る事が出来ない量の星が空一面に輝く、そして流れ星の数も多いのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *