Skip to content

富士山への登山は万全の備えで

富士山は日本一の山ということと姿形が美しいということもあって、毎年多くの登山客でにぎわってきています。

家族連れや修学旅行などで訪れる人も多くなっているので、ポピュラーさも増しており誰しもが一度は登山してみたいという気持ちを掻き立てられるいるのが現状と言えます。今では富士山の五合目までは様々な交通ルートも整備されており、団体などでも容易に行くことができています。

それだけになじみがあり、親しみも増しているというわけです。ただし、富士山の登山に関しては、油断禁物ということを肝に銘じておく必要があります。特に五合目以上のところまで行こうという場合は万全の備えが必要です。

天候が急変することもあり、岩石が急に落ちてくることもあります。やむなく山小屋で宿泊しなければならないことになることも考えておくことです。泊る場所があればいいのですが最悪の場合は、外で一晩過ごさなくてはならないこともあるのです。

だから、衣類、食料、救急用品などは必須の持参品となります。五合目までなら大丈夫だという人がいますが、それでも万が一のために備えておくことです。靴などは山登りに適したものでなければ足をくじいたり、傷めたりする危険性もあります。

予想外のところで転倒してけがをするケースだって稀とは言えないくらいです。気候によっては寒さをしのぐ必要もありますし、水分補給なしでは下山することもかなわないことだってあるのです。富士山は見た目では優しい表情をしていますが、心して登山をしない人には冷たい仕打ちをすることを忘れてはなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *