Skip to content

スキーツアーのスケジュール

スキーツアーと言って真っ先に思い出されるのがバスを使った「バスツアー」ではないでしょうか。

関東・関西・東海地域などから深夜に出発し、早朝に現地に到着。その後、一日スキーを楽しんで一泊する場合もあるでしょうし、そのまま帰るという強行スケジュールのものもございます。スキーバスツアーで気をつけるべきことは、やはり体調のコントロールです。バスで行くのだからと気軽に考えてしまいがちですが、ここからすでに勝負は始まっています。バスのシートという、普段寝なれていない場所で眠るわけですから、ヘッドレストになるようなクッションや、足を開放してあげるためにもスリッパなど、それから他の方のいびきがうるさくて眠れないということを避けるためにも是非耳栓は持っていってほしいものの一つです。

さらに、現地でスキーを楽しむときにも緩めのスケジュールにしたほうが無難だと思います。現地を出発するかなり早めに楽しむのをやめて、帰る準備を万全に整えておきましょう。そして、帰りのバスでも行きと同様にリラックスし、翌日からのお仕事や学業に支障がでないように心がけたいものです。せっかくお金をだして遠くまでスキーに来たのだから思いっきり欲張って楽しみまくろう!と考えてしまうと、結局疲労が残ってしまい、残念なツアーだったと後から思えてしまいがちです。できれば心と身体に余裕を持ってバスツアーのスケジュールをたてていただきたいと思います。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *