Skip to content

夜明けとともに始まるスキーツアーが顧客要求を満たす

目が覚めたときには行く予定だった山に到着している利点は、夕方以降に始まるスキーツアーに特有です。

参加者を輸送する担当者が山まで移動するので、十分な休息を取ってから滑り始められます。暗い夜道を走ることになりますから、昼間よりも注意深く移動することが大事です。時間を有効活用する代わりに、深夜に特有の良くない事象が発生する可能性は極めて高くなります。精神的にも身体的にも安定している状態で道中の時間を過ごすことが目的なら、夜明けが到来しなければ工程が進まないスキーツアーに参加します。

屋外が明るくなってからスキーツアーで用いる乗り物が出発するので、視界が良好な状態で移動できます。道中において車両の運転を担う担当者は、夕方以降よりも早朝のほうが走りやすいと感じやすいです。周囲を注意深く見渡さなくても状況把握が容易になるので、突発的な事態にもすぐ対応できます。スキーツアーが企画される時期には、道路が凍結しやすいです。とりわけ夜間は空気が冷え込むので、水が氷に変化する働きを加速させます。

凍結した道路であるか否かは昼間でも視認することが難しいので、夜間であればなおさら発見率が低下します。ところが、実際には昼間のほうが影響を受けにくい傾向が強いです。陽の光が差し込んでくるので、道路が凍結する頻度が低くなります。スキーバスツアーの企画者は夜明け以降の時間のメリットを熟知しているので、夕方以降の移動を避けています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *