Skip to content

格安のスキーツアーの仕組み

スキーツアーの料金には、似たようなスキー場の条件でも格差が見られます。

例えば、同じ県内ですぐ近くのスキー場のAスキー場とBスキー場があったとします。ゲレンデの規模、リフトの本数はほぼ同じとします。しかし、スキーツアーの料金は、同じ旅行会社でも1~2万円の差が発生する可能性が考えられます。スキーツアーで格安の料金が出ているところには、色々な条件が実はあります。一番の料金格差は、宿泊施設です。スキー場の直営のホテルないし、宿泊施設があるかないかでスキーツアーの料金に開きが出てきます。

スキー場直営の宿泊施設の場合は、ツアー料金の内訳の宿泊代を抑えることが、ツアー会社、宿泊施設の協力で出来ますが、直営のホテルがないスキー場では、必ず宿泊施設の取り分とスキー場の取り分が発生するために、格安に値段を設定することができません。また、直営の宿泊施設の場合は、その他の特典も付与することができる可能性があります。例えば、レンタル代の割引や昼食付のプランなども別々になっている施設よりは、格安な料金設定が可能です。

直営の場合は、表には見えませんが、料金をインクルーズして格安料金を提示しています。なぜ、格安なのに割高の料金提示のスキーツアーより、特典などが多いのか疑問に思う方がいると思う方がいるとおもいますが、裏の料金内訳がこのような仕組みになっているためです。決して怪しい料金ではありませんので安心してください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *