Skip to content

夜行バスで行くスキーツアーと乾燥対策の飲み物

夜行バスで行くスキーツアーなら、移動中に睡眠をとり目が覚めたら現地に到着していますし、朝から1日中たっぷりと滑ることができます。

ベストコンディションでスキーが楽しめるように、夜行バスツアーを利用するなら、車内には飲み物も持参をすることです。暖房完備で暖かいバスの中は、空気がとても乾燥しています。朝目覚めて現地に着いた時に、喉が痛くなったり熱っぽさを感じては、スキーも思う存分楽しめません。夜行バスツアーでは、消灯をしたら後は眠るだけですが、喉が渇くので飲み物を持ち込むことです。

喉の乾燥を防ぐことにもなりますし、適度な水分を摂取することで、現地に到着をした時に、喉が痛いということにはなりません。砂糖たっぷりの清涼飲料水は、余計に喉が渇いてしまうことがありますし、口毛ベタベタします。コーヒーや栄養ドリンクなどは、カフェインがたくさん含まれているので、長時間の乗車にはあまり向いていません。

普段なら目が覚める要素を含むので、仕事の合間や休憩の時には楽しめる飲み物です。バス乗車ではあまり適さないのは、眠るべきところを、カフェインの力で目覚めさせるからであり、眼が冴えてしまってが翌日のスキーに支障が出ます。利尿作用があるのもカフェインですから、緑茶なども避けたほうが無難です。夜行バスに乗る際に持参をするなら、何も混ざり物のないミネラルウォーターや、カフェインを含まない麦茶、黒豆茶などが適しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *