最新医療で可能になった刺青除去

###Site Name###

ファッション感覚で刺青を入れたものの、気が変わって刺青除去したくなったという方は少なくないでしょう。

皮膚に傷を付け、色素沈着しやすい顔料などで染色した刺青は、一度入れてしまうと除去出来ないと思われていました。しかし、近年では、最新医療によって除去することが可能になりました。刺青除去の方法は、一般的なもので4種類。


最もリーズナブルで負担が比較的小さい方法は、レーザー除去です。

レーザーを使って刺青の色素に直接働きかけ、破壊するというものです。

以前は、レーザーに反応しやすい黒など単色の刺青にしか効果が期待出来ませんでしたが、技術が発達し、赤など他の色でも除去が可能です。



刺青が小さい場合は、切除も候補となるでしょう。切除は、刺青の入った部位を切り取り、周囲を縫い合わせる方法で、傷口の跡は残るものの、刺青自体は無くすことができます。


切り取る際やその後にリンパ節や血管を傷付けてしまい、思いがけない合併症を引き起こす可能性があります。


また、周囲の皮膚を引っ張るため不自然に見えてしまうこともあり、施術する医師選びが重要と言えます。


刺青除去の方法として電子メスやレーザーを使って色素沈着した皮膚のみを剥離する方法が取られることもあります。



比較的短時間で施術が終わりますが、皮下組織へのダメージを最小限に施術できる医師は限られており、これも医師選びが重要です。

他の部位から皮膚を取ってきて植付ける方法もあります。